RPAを活用した業務効率化支援事例

クライアント

大手BtoB医療部品メーカー会社

RPAソフトウェア

ipaS UiPath
ipaS.png space.pngUiPath-full-logo.png

※まずはipaSを導入。適用業務拡大に応じ、UiPathを導入

課題・要望

スタッフの採用コスト面の課題により、倉庫内の物流業務においてRPAを導入をクライアントが検討。現在、トライアルとして返戻業務を自動化し、効果を検証中。検証結果を基に、業務プロセスの見直し、適用範囲の拡大を検討。

導入成果

トライアルによる効果検証を経て、月当たり約14時間の工数を削減に成功。
RPAソフトウェアを切り替えることにより、更なる効果拡大を実現。

対応内容

■ 返戻業務:医療機関から返却された製品を検品し、廃棄/滅菌/再入庫等のステータス毎の運搬指示を出す業務