RPA×OCRサービス

RPA×OCRサービス概要 

RPAは、人間で言うところの「目」となる(AI-)OCRの仕組みと組み合わせることにより、帳票の仕分け、読み取り作業からシステム登録等、シームレスに自動化することができます。

なお、バーチャレクス・コンサルティングではRPAの周辺領域サービスとして、OCRについても、各ツールの比較特徴や業務特性との相性についての知識・ノウハウを有しており、ツールベンダーとしてではなく、第三者的な立場からお客様の課題解決となる製品を選択、導入・活用支援を行っています。


RPA×OCR実現可能な業務イメージ

例)RPAとOCRを組み合わせ、企業ごとの帳票ファイルの仕分けを行い、読み取りCSV形式で各社ごとにシステム登録するまでの業務イメージ

  • ① FAX、郵送等で受領した企業ごとの帳票をスキャナにより画像データ化し、格納します。
  •  またメール、Webで受領した画像データもそれぞれ所定の場所に格納します。
  • ② OCRで画像データをテキスト化し、企業ごとにCSV形式でデータ生成します。
  •  ※AIを搭載しているOCR製品の場合、学習機能により使用回数に比例して精度が向上していきます。
  • ③ RPAで生成された各社ごとのCSVをダウンロード、受発注等の基幹システムに登録していきます。
  •  ※品質担保のため、読み取られた数値に対する検算や、人間による確認が必要となる場合の通知などをRPA側で実装するケースが多数あります。

このようにRPAとOCRの特性に適合する業務であれば、業種業態問わずご活用いただけます。


弊社が取り扱うOCR製品のご紹介

弊社では、OCR製品として、DX Suite、帳票OCR、ABBYY FlexiCapture(※順不同)のお取り扱いが可能です。文字/帳票フォーマットの軸から判断した各製品の機能カバレッジは以下のとおりであり、お客様の用途に応じた製品選択を行うことが可能です。
また、お取り扱い製品以外のOCR製品につきましても、精度の比較検証、選定のお手伝いをさせていただくことが可能です。

【推奨シーン】


帳票OCR

定型帳票が中心
デジタル文字が中心
帳票パターンが少ない


DX Suite

定型帳票が中心
日本語手書き文字が含まれる
帳票パターンが多い


FlexiCapture

準/非定型帳票が多い
デジタル文字が中心
帳票パターンが多い

RPA×OCRトライアルサービスのご紹介

弊社では、AI-OCRとRPAを連携し、帳票読み取りからシステム登録までを自動化するソリューションのトライアルサービスも行っております。実際の精度・可能性を検証し、トライアルの結果報告書までを作成いたします。

RPA×OCRサービスの詳細資料、トライアルサービスに関するご質問等お気軽にお問い合わせください。また、2019年4月にはUiPath実践型ワークショップ応用編[OCR編] も開講予定です。興味のある方は、こちらに関しても合わせてお問い合わせください。